ステマ規制

*本ページにはプロモーションが含まれています

家電

冷凍クロワッサンをノンフライヤーで焼いてみたらサクサク最強でした

投稿日:

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

カルディや業務スーパーで人気の冷凍クロワッサン生地。

お家で焼きたてクロワッサンが食べられる幸せにひたれるすばらしい商品です。

今まではオーブンやトースターで焼いてたんですが、この度、エアーオーブン(ノンフライヤー)を買ったので試しに使ってみたところ、過去最高の焼き上がりにびっくり!

今回はノンフライヤーを使った冷凍パン生地の焼き方と焼き上がりをご紹介いたします。

オーブンとの焼き上がり比較も参考にしてくださいね。

スポンサードリンク

冷凍クロワッサンをノンフライヤーで焼いてみた

今回ノンフライヤーで調理してみた冷凍クロワッサン生地は、カルディで取り扱ってるオスカーモンドのもの。

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

このぺったんこの冷凍パンがこうなりました!

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

ちょい焦げた?ってくらいしっかり焼き色がついて、クロワッサンの層がくっきりモリモリ。

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

ふくらみが大きい分、中の空間はやや大きくなっちゃいましたが、これはこれで軽い食べごこち。

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

オーブンと比較

オーブンで焼いたものと比べてみました。

上がエアーオーブン(ノンフライヤー)、下が電気オーブン。

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン
冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

ノンフライヤーの方は、くるくる巻いたところにしっかり段差ができるほど盛り上がった焼き上がり。
オーブンの方は、層もちゃんと出てるけどのっぺり段差が少ない焼き上がり。

断面はふくらみ方の違いでしょうが、ノンフライヤーは隙間が大きく、オーブンは蜂の巣状と言われるクロワッサンらしい断面。

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

オーブンのクセや性能、解凍状態などで焼き上がりも変わってくるとは思いますが、ノンフライヤーで2回焼いてみて2回ともモリモリの焼き上がりでした。

おそらくですが、ノンフライヤーの方が小型で熱が早く回るため、一気に膨らんでこうなるのかな〜?と想像します。

ただ、どっちの方が美味しいとかは好みの問題。
お店で買うクロワッサンもそれぞれお店の特徴があるから、それと一緒ですね。

ノンフライヤーの方は、表面がサックサクのパリッパリで食べるとボロボロこぼれ落ちるほど。

オーブンも十分サクサクの仕上がりで美味しいです。

くまねずみ
私はノンフライヤーのサックサクが好き

ちなみに、業務スーパーのミニパンショコラもノンフライヤーでやってみましたが、

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

パリパリサクサク、チョコしっとりの焼き上がりになりました。

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

スポンサードリンク

冷凍クロワッサンがサクサクに焼けた

今のところ、ノンフライヤーでの冷凍パン生地焼きは失敗知らず。

サクサクパリパリ加減が好みなので、うちでは今後ノンフライヤーで焼くことが多くなりそうです。

冷凍クロワッサンの焼き方:ノンフライヤー版

焼き方といってもオーブンとなんら変わらないんですが、とりあえず。

今回はオスカーモンドの冷凍クロワッサン生地の場合です。

解凍時間や焼き温度・焼き時間はそれぞれのパン生地の説明に合わせてくださいね。

1. 冷凍パン生地を解凍(季節によって20〜30分)する。
今回は秋なので間をとって約25分。

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

指で押すと、端っこは柔らかく、真ん中は表面だけ柔らかくなって中はまだ固い状態くらい。

2. 解凍終了時間に合うように、ノンフライヤーを180℃で余熱スタート。
レコルトの場合、180℃だと3分くらいで余熱完了。

3. バスケットに生地を入れる。
オーブンシートを敷くと汚れを防止して洗い物が楽になるのでオススメ。

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

4. 180℃、25分にタイマーを合わせる。

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

5. チン!って鳴ったら焼き上がり〜。

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

焼きたてはやわやわなので10分ほど置いてからお召し上がりくださいませ。

簡単に言うと、冷凍庫から取り出してちょっと置いて焼く、それだけ。
で、焼きたてサクサクのクロワッサンがいつでも楽しめる幸せが訪れます。

ウチのエアーオーブンはレコルト

わが家のノンフライヤーは、recolte(レコルト)のエアーオーブンというやつです。

冷凍クロワッサン ノンフライヤー サクサク レコルト エアーオーブン

一人暮らしや少人数家族にぴったりのコンパクトタイプで、温度設定とタイマーのダイヤルがついてるだけのシンプルな仕組みが気に入って購入しました。

バスケットのサイズは、カルディのオスカーモンド冷凍クロワッサンだと、一度に2個焼ける大きさ。
業務スーパーの小ぶりな冷凍クロワッサンだったら4〜5個くらいかな?

バスケットと中の網は食洗機対応。
オーブンシートを敷いておけばほとんど汚れないので後片付けも楽チンですよ。


ノンフライヤーで冷凍パンまとめ

レコルトのエアーオーブンの説明書を見てて、ケーキやマフィンも焼けるってことはパンも焼けるんじゃね?
って気がつき、とりあえず冷凍パン生地で試してみたところ思った以上の焼き上がりにびっくり。

まあ、仕組み的にはオーブンと同じなのでちゃんと焼けるのは当然っちゃあ当然なんですが。
焼き上がりは、オーブンで焼くよりノンフライヤーの方が私好みという結果に。

ノンフライヤーはオーブンより余熱時間が短いのも時短になってありがたいんです。
さらに、うっかり余熱忘れて解凍時間過ぎちゃった〜なんて場合も、生地的にもまあギリセーフかなと。

ノンフライヤーをお持ちの方はもちろん、オーブン欲しいけど場所とるし高いしな〜って迷ってる方も、手軽でお手ごろ価格でおすすめです。

関連記事・広告

-家電
-, ,

Copyright© おたすけくまねずみ , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.