おたすけくまねずみ

困っているあなたをそっとお助けします

*

初節句のお祝い ひな祭りの食事会メニュー 簡単レシピ付き

      2017/02/23

105-1
娘の初節句にお客様を招いての食事会。
ちらし寿司か手毬寿司、はまぐりのお吸い物は定番ですが、それ以外に何を出せばいいのか悩むところですね。

娘さんもまだ小さくて大変な時期ですから、無理をせず、できる範囲でのおもてなしをしましょう。
今回は、ひな祭りの料理とデザートのご提案です。

一部レシピもありますので参考にしてくださいね。

 

スポンサードリンク

 

初節句のお祝い ひな祭りの料理

初節句ですから娘さんはまだ小さいですし、お兄ちゃんやお姉ちゃんがいるならなおのこと、時間をかけて食事を用意するのは大変ですよね。

スーパーのお惣菜で調達できるものもありますので、うまく利用して、無理をしないようにしてくださいね。
(レシピあり)のものは、最後にまとめて書いてありますので参考にしてください。

まずは春を感じられる季節の食材を使った料理です。

季節の食材を使った春の料理

●菜の花のおひたし(レシピあり)
ほろ苦い春の味、からしを入れればからし和えになります。
3月頃にはお惣菜としても出ていると思います。

●菜の花・ふきのとう・わらびの天ぷら
苦味があるので好き嫌いが分かれますが、春を感じられる食材ですね。

●わけぎのぬた和え
ぬたは白味噌を使った酢味噌のことです。
わけぎ以外でもイカや貝、魚にも合います。
ぬた和えはお惣菜の定番として、売られていることが多いです。

●春キャベツのサラダ(レシピあり)
春キャベツと塩昆布を混ぜるだけの簡単レシピです。
上のお子さんがいるならコールスローもオススメです。

●新玉ねぎのおかか和え(レシピあり)
辛くない新玉ねぎだからこそできる料理ですね。
しらすも旬ですのでトッピングしても美味しいですよ。
レシピと言えないほどの簡単さです。

●若竹煮
たけのこもそろそろ出回る時期です。
下ごしらえなどが結構な手間ですので、下処理済みのものを買ってくるか、お惣菜でも。

●いかなごのくぎ煮
関西では春の定番料理ですが、関東では小女子(こうなご)の佃煮と言われています。
お酒を召し上がるならおつまみにいかがでしょう。
スーパーでも置いているところは多いです(地方によって異なります)。

●ホタルイカの酢味噌和え
3月になればそろそろスーパーに、ボイルしたホタルイカと酢味噌のセットが出回る頃です。
これもお酒を召し上がるならおつまみにぴったりですよ。

ボイルホタルイカは、目・口・軟骨が固くて口当たりが悪いので、ちょっと面倒ですが目・口・軟骨を取る処理をすると食感が良くなり、味が格段にアップします。

わかりやすい動画がありましたので、参考にしてください。

肉・魚のひな祭り料理

●鰆(さわら)の西京焼き
西京漬けを買ってくれば焼くだけです。
味噌を軽く拭き取って、くっつかないアルミホイルかシワをつけたアルミホイルに乗せて、オーブントースターで10分くらい焼きます。
グリルなら両面で10分くらい、弱火で焼いてください。

焦げやすいので、注意して焼いてくださいね。
西京漬には生鮭やたら、さばなどもありますのでお好みで。

●鯛のお造りか塩焼き
お祝い事にはぴったりの魚ですね。
買ってきた鯛の塩焼きを温め直す方法はこちらをごらんください。
鯛の塩焼きの温め方と残りリメイクで美味しく料理 鯛めし・そぼろ他

●エビフライ(ぶぶあられバージョン)
パン粉の代わりににお茶漬け用のぶぶあられ(小さい丸あられ)を使うと、ちょっと上品なエビフライになります。
カラフルなぶぶあられもありますので、手に入ればさらに華やかですね。

エビフライ ぶぶあられ

私が以前作ったものですが、あられを付ける時に隙間が気になったので頑張って隙間を埋めてみたら、付け過ぎな感じになってしまいました。
エビは揚げると少し縮まりますので、あられのつけ方は隙間があってちょうどいいくらいです。

特にエビが小さい場合はあられを付けすぎると、エビの味が弱くなってしまいますのでご注意ください。

●鶏の唐揚げ・ハンバーグ
上のお子さんがいる場合は、好きなおかずがあるとご機嫌ですよね。
料理にボリュームが欲しい時にもいいですよ。

●鳥天(レシピ付き)
大分県の名物、鶏肉の天ぷらです。
ちょっと目先が変わってボリュームもあるおかずです。

●野菜の牛肉巻き
アスパラ・にんじん・ごぼうなどを牛肉(または豚肉)で巻いて、照り焼きダレで甘辛く焼き付けます。
野菜は何でもいいですが、3色だとひな祭りっぽくなりますね。

●三色肉団子(レシピ付き)
鶏のつくねに赤、緑の食材を混ぜて、3色に。
串に刺して三色団子風にしてもかわいいです。

初節句のお祝い食事会のデザートは?

●ケーキ
定番のひな祭りケーキ。
手軽にスーパーやコンビニでも予約できますので、上にお子さんがいらっしゃるならおすすめです。

●ひなあられ
食後のお茶のお供にあるといいですね。

●桜餅
和菓子好きならこちらをおすすめします。
手に入れば、関東風・関西風で食べ比べてみるのも楽しいですよ。

●いちご大福
春らしいですし、大福の上にいちごが乗っかっているタイプのものなら、おひな様っぽいですね。

●ゼリー
ぜりーなら離乳食の娘さんも一緒に食べられますね。
緑の野菜ジュースと、いちごを使って3色にしても。

こちらでひな祭りのデザートを紹介しています。
ひな祭りパーティーのデザート 簡単レシピと三色変身ワザ
普段作り慣れているお菓子があれば、食用色素やイチゴ・抹茶のパウダーで色付けして、ひな祭りバージョンにできます。


スポンサードリンク

 

初節句のお祝いメニューレシピ

菜の花のおひたし(からし和え)

からしを入れればからし和えになります。お好みでどうぞ。

菜の花 1束
A だし汁 100ml
A 薄口醤油 大さじ1
A みりん 大さじ1/2
A ねりからし(お好みで)

1. 菜の花は根元の固い部分を切り落とし、茎とつぼみの部分を切り分ける。

2. 鍋にたっぷりのお湯を沸かして塩(大さじ1くらい)を入れ、茎を入れて1分ほど経ったらつぼみを入れてよく混ぜて30秒ほど茹で、氷水にとって冷ます。

3. 水気をしっかり絞ってAを合わせたものに1時間ほど浸しておく。

4. 器に盛ってお好みでかつお節をかける。

時間があるときはAの材料を火にかけて煮切って、冷ましておきます。
味付けはめんつゆでも大丈夫です。
菜の花は火が通りやすいので茹で過ぎに注意してくださいね。

春キャベツのサラダ

キャベツ 適宜
細切りの塩昆布 適宜
白ごま
オリーブオイルまたはごま油
レモン汁

1. キャベツは食べやすい大きさにざく切りにする。

2. キャベツと塩昆布を混ぜる。

3. 白ごま1:オリーブオイルまたはごま油1:レモン汁1を混ぜて、2と和える

春キャベツのコールスローサラダ

キャベツ 1/4個
きゅうり 1本
コーン缶詰 小1/2缶
塩 少々
Aマヨネーズ 大さじ3
A酢 大さじ1
A塩 少々
Aコショウ 少々

1. キャベツは7〜8mm角に切る。芯の部分は薄切りに。きゅうりはいちょう切りにする。

2. キャベツときゅうりに塩を振って15分ほど置いて、水気をよく絞り、汁気をきったコーンと混ぜ合わせる。

3. Aを混ぜ合わせる。

新玉ねぎのおかか和え

新玉ねぎ 1個
かつお節パック 1〜2個
しょうゆまたはポン酢 適宜

1. 新玉ねぎを薄くスライスし、水に5分ほどさらす。

2. 水気をしっかり絞って、かつお節とまぜ、しょうゆまたはポン酢で和える。

しらすをトッピングしてもいいですね。

梅肉1個分・酢大さじ1・醤油大さじ1・ごま油小さじ1のドレッシングでも美味しいです。

鳥天

私が参考にしているレシピです。
Cpicon 大分とり天♡ by 4110

三色肉団子

ベースの肉団子
鶏ひき肉 250g
長ネギみじん切り 1/3本分 
卵 1/2個
しょうがすりおろし 小さじ1
片栗粉 大さじ1
塩 小さじ1/2
しょうゆ 大さじ1/2

赤の素材(お好きなもので)
にんじん、パプリカ(そのままみじん切り)など

緑の素材(お好きなもので)
ほうれん草、ブロッコリー、にら、えだまめ、青海苔(そのまま)など

1. 赤・緑の素材は固いものは茹でて粗いペースト状に潰しておく。

2. 肉団子の材料を全て混ぜて粘りが出るまでよくこねる。

3. 3等分して赤の素材を混ぜたもの、緑の素材を混ぜたもの、そのまま、の3種類作り、適当な大きさに丸める。

4. 沸騰したお湯で茹で、浮いてきたらザルなどにあげて水を切る。

肉団子を薄味にして、照り焼きのタレでからめても美味しいです。
緑・白・赤の順に串に刺したら、お花見団子のようなかわいい一品に。

 

スポンサードリンク

最後に

かわいい娘さんの初節句、自分の出来る範囲で楽しくお祝いしましょうね。
おめでとうございます。

 

関連記事・広告

 - 春の行事 ,