おたすけくまねずみ

困っているあなたをそっとお助けします

*

彦根城の桜 見ごろと屋形船 駐車場・アクセス・ライトアップ情報

      2016/03/01

100-1

国宝・彦根城は日本でも有数の桜の名所として知られています。
毎年4月には桜まつりが開催され、桜とお城の贅沢なお花見にライトアップまで楽しむことができるんですよ!

今回は、
彦根城の桜の見ごろとライトアップ
屋形船からのお花見
ご城下にぎわい市
彦根城博物館・玄宮園
駐車場・電車アクセス
ひこにゃん情報
まで盛りだくさんでお伝えします!

スポンサードリンク

 

彦根城の桜 見ごろと桜まつりライトアップ

彦根城は旧彦根藩主・井伊家35万石の居城で、当時のままの姿で現存する数少ないお城の一つです。
天守は国宝にも指定されており、小さいですがとても美しいお城です。

彦根城周辺には、ソメイヨシノを中心に約1,200本の桜があります。
お城を包み込むように咲く様子や、お堀の水面に映る姿は素晴らしい美しさですよ。

桜の見ごろ

例年ですと4月初旬に満開を迎えます。
気候などに左右されやすいのですが、去5年間の開花から散り始めの日は下記の通りです。

2011年 開花 4/5  八分 4/9  満開 4/11 散り始め 4/16
2012年 開花 4/10 八分 4/13 満開 4/15 散り始め 4/19
2013年 開花 4/1  八分 4/4  満開 4/7  散り始め 4/12
2014年 開花 3/31 八分 4/4  満開 4/7  散り始め 4/13
2015年 開花 3/31 八分 4/2  満開 4/3  散り始め 4/8

年々早くなっているような感じですね。
2016年の情報は、わかり次第順次お伝えしていきます。

こちらの彦根観光協会のサイトの「桜開花速報」もご確認ください。(3月下旬から毎日更新予定)
彦根観光ガイド

彦根城桜まつりとライトアップの時間

毎年この時期には桜まつりが開催され、夜間のライトアップや地元の特産品市などで大変な賑わいを見せています。

開催時期 4月1日〜4月20日(開花状況により変動)

●彦根城
入場時間 8:30〜17:00
入場料 一般600円 小・中学生200円(玄宮園込み)
博物館とのセット券 一般1000円 小・中学生200円
年中無休

彦根城博物館は、代々彦根藩主だった井伊家に伝わる美術工芸品や古文書などが収蔵・展示されています。
彦根城表御殿を復元して建てられたもので、館内では能舞台や復元された表御殿などを見ることができます。

●ライトアップ
花見ぼんぼりが20本設置されます。
時間 18:00〜21:00
場所 彦根城内 内堀沿い
   玄宮園前〜表門橋〜大手橋・京橋口
※彦根城に入場(入山)することはできません。

100-2

水面に映る幻想的で美しい桜は、この時期にしか楽しむことができません。
ため息しか出ないほどの素晴らしい美しさです。
ぜひ、夜桜もご堪能ください。

ご城下にぎわい市

期間 3月19日(土)〜5月8日(日)(予定)
時間 9:00〜17:00

彦根城域内の金亀児童公園で開かれている彦根特産品市です。
近江牛をはじめ、琵琶湖産の湖魚の佃煮やふなずし、和菓子、地酒、お漬物にひこにゃんグッズと彦根土産が盛りだくさんです。

お花見弁当も販売されていますので、お弁当を買ってお花見も楽しめますね。

ふなずしとは
ふなずしは滋賀県の郷土料理のなれ鮨です。
琵琶湖のニゴロブナをご飯と塩で漬け込んで発酵させたもので、独特の匂いがあります。
薄くスライスしてお酒のあてや、お茶漬けなどで食べるのがおすすめ。
少々お高いですが、匂いのきついチーズなどがお好きな方には喜んでいただけますよ。

 

彦根城の桜を屋形船から眺めて大名気分

彦根城の内堀を屋形船でゆったり遊覧できる「彦根城お堀めぐり」はいかがでしょうか。

井伊家のお殿様が乗った船を再現した屋形船で、優雅に大名やお姫様気分を味わえます。
桜まつり開催中は、夜間の特別運行もありますよ。
ライトアップされた夜桜を船から眺められるなんて、とても贅沢ですよね。

彦根城お堀めぐり

●乗船時間 約45分(往復約3km)

●運行時間 10:00〜15:00(土日祝は16:00まで) 1時間ごとに出航 
夜間特別運航(桜まつり期間中) 18:30/19:30(夜間2便運航)

●乗船場所 玄宮園前船着場(発券所)

●料金 桜まつり期間中 大人1,500円、小人(小学生以下)700円、3歳以下無料
乗船券は9:30から玄宮園前船着場で販売。

強風等の天候の都合で運休の場合あり。

1ヶ月前から予約ができますので、絶対乗りたい!という方は必ずご予約を。
お問い合わせ NPO法人小江戸彦根 080-1461-4123

玄宮園

彦根城の入場料は玄宮園の入園料も含まれていますので、ぜひ玄宮園もお楽しみください。
写真は9月の玄宮園の様子です。

彦根城 玄宮園

玄宮園は彦根城の北側にあり、井伊家の大名庭園で、池とその周辺をめぐる園路を中心とした池泉回遊式の庭園です。
彦根城を借景とする江戸文化の贅を尽くした美しい日本庭園で、国の名勝にも指定されています。

ひこにゃん登場スケジュール

彦根城に来たからには、ひこにゃんにも会ってくださいね!

10:30〜11:00 彦根城本丸(天守前広場)
13:30〜14:00 彦根城本丸(天守前広場)
15:00〜15:30 彦根城 博物館前

登場場所は天候により変更される場合がありますが、ホームページか彦根城券売所前の「本日のひこにゃん」案内板で確認できます。
ひこにゃん公式サイト

ひこにゃん人気も衰える気配がありません。
桜まつり期間中は混雑が予想されますが、訪れた皆さんがひこにゃんを見られる様、列の入れ替えなどスタッフが采配してくださいます。


スポンサードリンク

彦根城の桜を楽しむ 駐車場とアクセス情報

桜まつり開催中は、彦根城周辺道路は大変な混雑が予想され、交通規制が行われることもあります。
彦根城へは公共交通機関で出かけられることをおすすめします。

電車の場合

JR京都駅から新快速で約47分
JR大阪駅から新快速で約77分
JR三ノ宮駅から新快速で約99分

新幹線は京都駅または米原駅で在来線に乗り換え。

JR米原駅から彦根駅までは一駅約5分です。

JR彦根駅から彦根城までの道のり案内

ゆっくり歩いても15分ほどです。

彦根駅の改札を出て左に進むと左右に階段があります。
左右どちらでも大差はありませんが、左手の階段を降りたところには観光案内所(9:00~17:30)がありますので、周辺地図やパンフレットなどを貰うことができますよ。

彦根駅を後ろに見て、まっすぐ伸びる道を進んでください。
途中の石材店にひこにゃんの石像があったりして楽しめます。

彦根市役所を右手に見て通り過ぎ、突き当りを左折します。
目の前に彦根キャッスルホテルが見えたら、右折してお堀と神社の間の細い道に入ります。

道なりに細い道を抜けてお堀に突き当たったら左折。
少し行くと右手に内堀を渡る橋が見えます。
お城の入り口は橋を渡ったところにありますよ。

車の場合

名神高速道路彦根ICから彦根市内までは、国道306号線を彦根市内方面へ(右折)。
「外町」交差点を直進で約10分です。

駐車場案内
●彦根城内の駐車場は3箇所で合計約200台
桜まつり開催中は臨時駐車場1,000台分が増設されます。
8:00〜18:00
1日400円 
年中無休

●城外は、京橋口駐車場 160台
2時間まで200円
その後1時間ごとにプラス100円(1日最大800円)

●混雑や交通規制を避けるなら彦根駅前の駐車場を利用して、歩いて彦根城へ向かうのもおすすめです。
JR彦根駅西口の彦根駅前時間貸駐車場 330台
全日(0:00~24:00)
無休
1時間100円
1日上限料金900円(入庫~当日24:00まで)

まとめ

周辺の口コミ人気のお宿はこちらから【楽天たびノート】

昼間にお城に登って桜とひこにゃんを堪能した後は、博物館やお堀めぐり、日本庭園の散策、ご城下にぎわい市、周辺の商店(四番町スクエアなど)など、楽しめるところもいっぱいあります。

お時間があればぜひ夜桜も楽しんでくださいね。

 

スポンサードリンク

 - おでかけ ,