おたすけくまねずみ

困っているあなたをそっとお助けします

*

ドイツのクリスマスのお菓子シュトーレンやお菓子の家ってどんなもの?

      2016/11/02

17-2

日本のクリスマスといえばイチゴがいっぱいのショートケーキやチョコレートケーキ、一昔前はアイスクリームケーキなんていうのも流行りましたね。

でも、海外はクリスマスにクリームたっぷりのケーキ・・・というわけではないようです。

今回は世界のクリスマスのお菓子〜ドイツ編〜として、代表的なシュトレンやクッキーについてのお話とどこで買えるのかをご紹介します!
 

スポンサードリンク

ドイツのクリスマスのお菓子 シュトーレンってどんなもの?

日本でもシュトーレンはパン屋さんなどでも良く見かけるようになりましたね。

ドイツクリスマスマーケット シュトーレン

中にドライフルーツやナッツ、シナモンなどのスパイスがたくさん入っていて、表面には溶かしバターと粉砂糖がたっぷりとまぶされたどっしりとしたパンのようなお菓子です。

シュトレンの形や粉砂糖に包まれた真っ白な様子は、イエス・キリストがおくるみに包まれた姿を象徴しているとも言われています。

ちなみに日本に入ってきた当初の発音は「シュトーレン」でしたが、本来の発音は「シュトレン」。
最近は「シュトレン」表記が主流になりつつあるようです。

ドイツでは、クリスマスの4週間前の日曜日からクリスマス前夜の期間をアドヴェント(待降節)と言い、クリスマスを迎える大事な準備期間となってます。

アドヴェントの日曜日ごとに薄くスライスしたシュトレンを少しずつ食べることで、クリスマスを待ちわびつつ気分を盛り上げていく、というのが正しいシュトレンの食べ方だそうですが・・・。
現在ではドイツでも日曜にこだわらず好きな時に食べてクリスマスまでに食べ切る、足りなくなったら何本でも食べちゃう、という方も多いようですよ。

シュトレンは日が経つほどにフルーツなどの風味が生地へ移って行き、少しずつ熟成が進んで行く味の変化も楽しみの一つなんですね。

ところでこの「シュトレン」、使用する材料や配合によってその名称が違い、法律で定義づけられているものもあります。
例えば、基本的なものは「クリストシュトレン」、マジパンが入ったものは「マジパンシュトレン」(しかもマジパンは30%以上使用という規定あり)といった具合です。
いかにもドイツっぽいですね。

xmas-1シュトレンの食べ方

普通に端から薄く切って・・・と思っていたのですが、実は真ん中から切るのが正しい食べ方だそうです。

最初に真ん中から半分に切って、そこから外側に食べる分だけ薄く切ります。

残ったシュトレンの切り口をぴったり合わせて、ラップ+アルミホイルできっちり包んで保存すると、乾燥を防ぐことができます。
数日で食べ切る場合は、そこまでこだわらなくてもいいような気もしますが。

もともと約1ヶ月かけて食べるものなので、とても日持ちのいいお菓子ですが、保存は乾燥した冷暗所で。

また、シュトレンの日持ちがいい理由には材料の配合やたっぷりの粉砂糖のコーティングのおかげもあります。

日本で日本人の口に合うよう作られたシュトレンだと本来のシュトレンの様に数ヶ月持つものではないこともあります。
消費期限を確認して食べ切るようにしてくださいね。

ドイツのクリスマス お菓子の家って何でできてる?

xmas-1レープクーヘン

ヘクセンハウスといわれるお菓子の家はレープクーヘンというクッキーで作られています。

レープクーヘンは、はちみつたっぷりの生地にシナモン、グローブ、コリアンダーなどの香辛料を練り込んだクッキー。
少し大きめの円形や四角形、ハート形などに焼いて、アイシングやチョコレートで飾り付けられます。

63-1

レープクーヘンにも材料や焼き方などの違いで、様々な種類があります。

お菓子の家専用クッキーというわけではなく、クリスマスの飾り用や美味しく食べる用などいろいろあるんですね。
日持ちもするのでお菓子の家は後で全部食べちゃうそうですよ。

xmas-1プレッツヒェン

プレッツヒェンはアラザンやチョコ、アイシングなどで飾られたクリスマスの小さなクッキーのことです。

アドヴェントの期間には各家庭で手作りのプレッツヒェンが用意されています。

星や月など形も様々、飾り付けも様々で、数種類焼いてお友達にプレゼントしたり、午後のお茶の時間に振舞ったりするそうですよ。


スポンサードリンク

ドイツのクリスマスシュトレンやレープクーヘンはどこで買える?

xmas-1パン屋・輸入食品店

シュトレンは、最近ではクリスマス時期にパン屋さんでも良く見かける様になりました。
輸入食品を取り扱っているお店でも販売されています。

お店によって味も作り方も異なりますので、お好みのシュトレンを見つけるのも楽しいですね。
全国展開のお店だと、「ドンク」「成城石井」「カルディ」など。

レープクーヘンを扱っているお店はまだ少ないですが、輸入菓子を取り扱っているお店なら見つけることができるかもしれません。
全国展開のお店だと、「ドンク」で販売されています。

xmas-1クリスマスマーケット

日本でもあちこちの都市で「ドイツクリスマスマーケット」が開催されています。
有名どころをご紹介しますので、機会があれば本場ドイツのお菓子を味わってみてくださいね。

【関東】日比谷公園、六本木ヒルズ、東京スカイツリー、横浜赤レンガ倉庫
【中部】名古屋・久屋大通公園
【関西】大阪・梅田スカイビル
【九州】博多駅前広場、福岡市役所前広場

xmas-1通販

日本で作られたものやドイツ直輸入のものなど、通販は取り扱いもたくさんあります。
毎年違うところでお取り寄せしてみるのも楽しみになるかもしれませんね。

 

最後に

クリスマスを待ちわびつつシュトレンやプレッツヒェンを楽しみ、クリスマスには日本のクリスマスケーキも楽しむ。
なんて、ちょっと食べすぎでしょうか?

クリスマスを待ちわびるケーキなんて素敵ですよね。
素敵なクリスマスをお迎えください。
 

スポンサードリンク

 - クリスマス ,