おたすけくまねずみ

困っているあなたをそっとお助けします

*

イチゴ狩り おいしいイチゴの見分け方と見つけるコツ・持ち物・服装

   

120-1

イチゴ狩りに行くなら、甘くておいしいイチゴをいっぱい食べたいですよね!

赤い方がおいしいことはわかるのですが、それ以外に見分けるポイントはあるのでしょうか?

今回は、イチゴ狩りでしか食べられない完熟イチゴの見分け方と見つけるコツ、持っていくと便利なものや服装の注意をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

イチゴ狩りでのおいしいイチゴの見分け方

イチゴ狩りの楽しさは、自分でイチゴを選んで摘み取ることですよね。
食べ放題なら、イチゴだけでお腹いっぱいになる贅沢を味わうこともできます。

そして何より、イチゴ狩りならではの完熟したイチゴを摘み取って食べられること。

イチゴは傷みやすいため、完熟したものを出荷することができません。
お店で買えるイチゴは、完熟直前のものを摘み取って出荷されるんです。

イチゴ狩りはスーパーで買えない、畑で完熟した本当においしいイチゴを食べられる絶好の機会です。

スーパーなどで見かける根元がちょっと白いもの。
これはお店で買って、いつでも食べることのできるイチゴです。
イチゴ狩りで食べるのはもったいないですよ!

完熟したイチゴを見分けて美味しく食べてくださいね。

イチゴの色と表面で見分ける

完熟したイチゴはつやつやとした光沢があり、根元(ヘタのある方)まで真っ赤に色付いています。
この状態からが、イチゴ狩りでしか食べられない完熟イチゴとなります。

120-2

さらに熟成すると表面のつぶつぶが沈んで見えるほど、実が盛り上がってきます。

そこからさらに熟成して、根元あたりの皮がちょっと裂けてしまうようになると、甘さはピークとなります。

イチゴの形で見分ける

イチゴは涙型というか三角形のものが多いのですが、たまにヘタの部分が細くなって、菱形に近いものがあります。

この形のイチゴは「首なし」と呼ばれていて、特に甘くておいしいんですよ。
赤くなっている「首なし」を見つけたら迷わず摘み取りましょう。

120-3

ヘタが実から離れて反るくらいにピンっと張っているものもおいしいイチゴです。

120-4

また、大ぶりのイチゴは人気があってすぐ無くなってしまうのですが、小さいものや、形がいびつなものは人気がないためか取り残されてどんどん熟成が進んだものが多いんです。

こういうイチゴで完熟の色になっているものを見つけたら、ぜひ食べてみてくださいね。

 

イチゴ狩りのコツをつかんで楽しく!

●場所
イチゴ狩りに行ったら、ハウスでも露地(屋根のない畑)でも、奥から攻めていきましょう。

入ってすぐ赤いイチゴが目に入ると、ついそこから摘み取って食べ始めてしまいますよね。
ですので、入り口付近ではイチゴがどんどん摘み取られて、完熟したイチゴが見つからなかったり、赤く色づいたばかりということもあります。

熟成が進んだイチゴは奥の方に残されていることが多いんです。
まず奥まで進んで、葉っぱの陰に隠れて見つけてもらえなかった小さな完熟イチゴや、見向きもされなかったいびつな完熟イチゴを見つけてあげましょう。

もちろん大きくて形が綺麗なイチゴも、完熟サインが出ていれば迷わず食べてくださいね。

●食べ方
食べ方を変えると味わいも変化します。
イチゴはヘタの方が酸味があり、先に行くほど甘みが強くなっていきます。
ヘタを取って、ヘタの方から食べてみると、より甘みを感じることができますよ。

●トッピング
また、トッピング(練乳やチョコレート)も人気ですが、最初からつけてしまうとせっかくのイチゴ本来の味が味わえないだけでなく、すぐにお腹いっぱいになってしまうこともあります。

トッピングはイチゴの味に飽きてきたら、味に変化を付けるために使うのがおすすめです。

●トイレ
イチゴには水分がたっぷり含まれています。
あらかじめトイレを済ませておくか、トイレの場所を確認しておくと慌てずに済みます。


スポンサードリンク

 

いちご狩りのおすすめ持ち物と服装

●氷水・飲み物
暖かい時期に行かれる場合は、水筒に氷水を入れて持っていくことをおすすめします。
ハウスの中はかなり暑くなっていて、イチゴも生ぬるくなっていることがあります。

暑い時に、氷水でさっと冷やしたイチゴは特に美味しく感じられます。

同様に暖かい時期のハウス内では喉も渇きます。
イチゴも水分たっぷりではありますが、お茶などの飲み物があると安心ですね。

※氷水や飲み物の持ち込みは事前にイチゴ農園に確認をしてください。

●ウエットティッシュ
イチゴで手や口元がべたついたり、手に土がついたりすることもありますので、ウエットティッシュがあると便利です。

●荷物の注意
イチゴ農園では大きい荷物は邪魔になりますし、イチゴも取りにくくなってしまいます。
持ち込みは必要最低限の荷物にしましょう。

両手が使えるように、バッグはショルダーがオススメです。
リュックの場合は他のお客さんの邪魔にならないよう、小さめのものがいいですね。

●服装の注意
高設栽培のイチゴ農園でも足元が土であれば不安定な場合もあります。
歩きやすい靴、動きやすい服装でお出かけください。

また、天気のいい日はハウス内はかなり暑くなります。
厚手の上着やコートは車に置いておくか預けておきましょう。
脱ぎ着のしやすい服装がおすすめです。

 

最後に

イチゴ狩りでしか出会えない完熟イチゴ。
しっかり見分けて、絶品イチゴを味わってくださいね。

イチゴ農園の情報はこちらを参考にご覧ください。
イチゴ狩り 電車だけで行ける関西の食べ放題おすすめスポット
関西のイチゴ狩り 予約なし・子供と楽しむなら農業公園がおすすめ

いってらっしゃい。
楽しんできてくださいね!

 

スポンサードリンク

 - おでかけ ,