おたすけくまねずみ

困っているあなたをそっとお助けします

*

花粉症の症状に胃痛・下痢? アレルギーのストレスで悪化することも

   

プリント
春や秋の花粉の多い時期になると胃痛・吐き気・下痢が起こる、もしかしたら原因は花粉?
でも花粉症の症状に胃痛や下痢なんてあるの?とお思いの方も多いのではないでしょうか。

今回は胃痛・吐き気・下痢と花粉の関係、花粉症によるストレスについてお伝えします。

 

スポンサードリンク

 

花粉症の症状で胃痛や吐き気?

花粉で鼻水が止まらない、目がかゆい、などのアレルギー症状は、鼻や目の粘膜に花粉が付くことで起こります。

胃も粘膜で覆われているため、口や鼻から吸い込んだ花粉や、花粉を含んだ鼻水を飲み込んでしまうことによって、粘膜が炎症を起こし、胃痛や吐き気という症状が出る場合があります。

一般的な目や鼻に花粉症の症状がないにもかかわらず、胃の調子だけが悪くなるという人もいます。

胃薬を飲んでも痛みが治まらない方は、花粉症のアレルギー薬で症状が楽になる場合もあります。

暴飲暴食や胃に負担がかかるような生活習慣、ストレスもないのに、春や秋になるとなぜか胃の調子が悪い、という方は一度花粉症の可能性を疑ってみてください。

症状が辛い方は、アレルギー科や内科、消化器科、胃腸科などを受診することをおすすめします。

また、目や鼻などの花粉症の症状を抑えるための薬の副作用で、胃の粘膜が傷つき、不調を引き起こすこともあります。

市販薬の場合は、薬を変える、一時的に使用を控えるなどで様子を見て判断しましょう。
医師の処方薬の場合は、お医者さんにご相談くださいね。

 

花粉症の症状に下痢は?

下痢や腹痛といった腸の症状も、胃痛と同様で、鼻や口から入った花粉や、花粉を含んだ鼻水が腸内に入ることにより、引き起こされることがあります。

特に鼻水の症状がひどい時には、それだけ体内にも多くの花粉が鼻水とともに入ってくるでしょう。
こういう場合に、下痢の症状が出る方は、花粉の可能性が高いといえます。

アレルギー薬で症状が治まる方もいますので、症状がひどい方はアレルギー科や内科、消化器科、胃腸科などを受診してみてください。

また、胃痛と同様に、その他の花粉症の症状を抑えるための薬により下痢が起こることもあります。
薬を変えたら下痢の症状が出だした、などがあれば薬を変えて様子を見るなどしてみましょう。


スポンサードリンク

 

花粉症のアレルギー症状がストレスになることも

花粉症による目のかゆみや鼻水、様々な辛い症状はかなりのストレスともなります。

鼻づまりなどで夜もよく寝られず、睡眠不足になる方もいるでしょう。

このようなストレスから、胃痛・下痢などの症状が現れることもあります。

花粉症によるストレスを改善するため、またその他の病気が隠れていないかの診断のためにも、病院で適切な治療を受けるようにしましょう。

まとめ

花粉による胃腸障害を軽減するためにも、マスク、メガネ(ゴーグル)などの予防はしっかりとしましょう。

マスクで口だけを覆っている人を見かけますが、鼻からも花粉は入りますので、花粉を防ぐためには鼻まで覆うようにしてくださいね。

花粉症の軽減には花粉をできるだけ避けることも大切です。
こちらの記事もぜひご覧ください。

花粉対策の掃除方法と換気のコツ 場所別の効果的なやり方

花粉を部屋に持ち込まないための効果的な方法と洗濯物や換気のコツ

どうぞお大事に。

 

スポンサードリンク

 - 健康・美容 ,