おたすけくまねずみ

困っているあなたをそっとお助けします

*

セリアのクッキーミックスで三色クッキーに挑戦 簡単100均お菓子

      2016/05/28

三色クッキー

ひな祭りやお花見を盛り上げてくれる三色のお菓子。
前から使ってみたかった100均セリアのクッキーミックス粉を使って、型抜きクッキーと、ひなあられ風クッキーを作ってみました。

実際に作ってみて発見したことや作り方のコツ、クッキーの厚みを簡単に均一にする道具などをご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

セリアのクッキーミックス粉で三色クッキー

使ったのは、抹茶、プレーン、イチゴのクッキーミックス粉です。
その他の材料は、無塩バター、抹茶・イチゴには牛乳、プレーンには卵黄が必要です。

セリア クッキーミックス粉

プレーン・イチゴは4cmのクッキー型で約15枚分、抹茶は12枚分となっています。

クッキー型は同じくセリアの「桜・菊(直径3cmくらい)」を使いました。

クッキーミックスの裏にも作り方が書いてあります。
それを基本にして、私がクッキーを作るときの方法も交えて説明しています。

三色クッキーの作り方

1. 無塩バターを室温に戻して柔らかくし、泡立て器などでクリーム状になるまで混ぜる。
今回は3種類同時進行なのでまとめて柔らかくして、それぞれの分量に分けました。
プレーン40g、イチゴ40g、抹茶20gです。

三色クッキー 作り方
三色クッキー 作り方

バターを短時間で柔らかくする方法
オーブンを200℃に設定し、1〜2分加熱(中には何も入れない)。
これでオーブンの庫内は真夏の室温くらいになります。

バターを1cmくらいの厚さに切って、なるべく重ならないようボウル内に広げる。

バターの入ったボウルをオーブンに入れて20〜30分放置で、ムラなく柔らかくなります。
もっと早くしたいときはバターをさらに薄く切ってください。

電子レンジの低温で加熱してもいいですが、温めすぎて溶けないように注意してくださいね。

2. プレーンに卵黄を加えてしっかりと混ぜ、クッキーミックスを振るいながら入れる。
クッキーミックスのレシピには振るうことは書いていませんが、かたまりがあると混ぜムラの原因になります。
今回は目の粗いザルを使ったのですが、結構大きいつぶつぶが残りましたので、手でつぶして細かくして混ぜ込みました。
※つぶが残ったのはプレーンだけでした。
たまたま当たりが悪かったのかもしれませんね。

三色クッキー 作り方

3. ゴムベラで切るようにさっくり混ぜる。
全体が混ざったら、ボウルに擦り付けるようにして粉とバターをなじませていきます。

三色クッキー 作り方

4. 全体にしっとりとして、粉っぽさがなくなったらラップに包み、手で押すようにして軽くまとめる感じでこねる。

三色クッキー 作り方

(写真はイチゴミックスです)
三色クッキー 作り方

こねすぎるとバターが分離して、焼いたときに固くなったり、粉っぽくなったりします。
生地の表面がテカテカ・ベタベタするまでこねている方は、少し手前で止めてみてくださいね。

5. イチゴと抹茶はそれぞれ牛乳小さじ1を加えてよく混ぜ、クッキーミックスを入れて、プレーンと同様に軽くこねる。
バターと牛乳がなかなか混ざらなくて大変でした。
ミックス粉を入れて少しまとまってきたくらいで牛乳を入れてもいいと思います。

6. 冷蔵庫で30分くらい休ませる。
セリアのレシピには書いていませんが、私はいつも休ませています。
ここで休ませるとバターと小麦粉がさらになじんできます。

三色クッキー 作り方

 

クッキーミックスでひなあられ風クッキーも

今回はひなあられ風クッキーも作りますので、生地を分けました。
三色クッキー用が大体同じくらいの量になるように。
目分量で大丈夫です。

三色クッキー 作り方

7. 3種類それぞれラップで上下を挟み、麺棒で同じ厚みに伸ばす。
生地の両端に置いているガイドについては後の章で説明しますね。

三色クッキー 作り方

8. 抹茶・プレーン・イチゴの順に重ね、7〜8mm厚さに伸ばして、冷蔵庫で30分ほど休ませる。

三色クッキー 作り方

9. オーブンを180℃に予熱する。

10. クッキー型で型抜きする。
ミックス粉のレシピでは3〜4mm厚さなのですが、薄くて3色がきれいに出ないかもと思ったので、8mm、6mm、4mmで実験してみました。

11. 型を抜いた残り生地もまとめて伸ばし、型抜きする。
マーブル模様になります。

三色クッキー 作り方

12. 180℃のオーブンで15分焼く。
ご家庭のオーブンのくせにもよりますので、様子を見ながら時間を調整してください。

8〜9分くらい焼いたら、上にアルミホイルをかぶせる。
これは一番上のイチゴクッキーに焼き色をつけずにピンク色を保つためです。

袋のレシピには15〜20分と書いていますが、ちょっと長いかもしれません。
今回使ったクッキー型はレシピより小さめだったこともあるのですが、レシピの1.5倍の厚みがある6mmクッキーでも15分焼いたら少し焼き過ぎな感じになってしまいました。

ひなあられ風クッキーの作り方

取り分けておいた生地をちぎって、パチンコ玉くらいの大きさに丸める。
型抜きクッキーの最後の残り生地も同様に小さく丸める。

三色クッキー 作り方

180℃に予熱したオーブンで、12分焼く。

抹茶は生地が固いのでなんとか丸を保っていました。
プレーンとイチゴは丸ボーロっぽくなりました。

プレーンとイチゴは丸める大きさが少し大きかったので、焼き上がりの広がりも大きくなってしまいました。
面倒がらずにもう少し小さく丸めればよかったですね。

三色クッキー


スポンサードリンク

 

クッキーミックスを使って100均簡単お菓子作り

クッキーの厚さ実験はこうなりました。
左から、8mm、6mm、4mmです。

三色クッキー

予想通り4mmだとほとんど三層がわかりません。
6mmでなんとなく(ちょっと焼きすぎたので余計にわかりにくいですね)。

イチゴミックスの色がやや薄いので8mmでもプレーンとの境がぼんやりした感じですね。
もっとくっきりさせたい場合は、イチゴパウダー(セリアにもあります)か食紅を加えてみてください。

今回は個別に伸ばす際に6mm厚さにして、3色重ねてから8mmまで伸ばしたので、生地がなじみすぎたのかもしれません。
個別に伸ばすのをもう少し薄くして、3色重ねた後にはくっつける程度の軽い伸ばし方にする方が良さそうです。

今回はひなあられ風クッキーを作る関係で3種類を同量に切り分けましたが、全量を使う場合、抹茶は他の2色より量が少ないですが色が濃いので、同じ大きさに伸ばすために厚みを薄くしても大丈夫です。

(追記)
もう一度三色クッキーを作ってみました。
今回は真ん中はプレーンミックスが品切れだったのでバターミックスです。

個別に伸ばすのをイチゴ・バターは3mm、抹茶は大きさを合わせるためにもう少し薄く伸ばしました。
3色を重ねて7mmくらいに伸ばして、180℃で17分焼きました。
(前回の8mmより時間がかかってしまったのは多分、アルミホイルをかぶせるのが少し早かった事と、かぶせるのに手間取って庫内の温度が下がってしまったからだと思います)

結果はこんな感じです。
真ん中がバタークッキーになったためか、抹茶がにじんだようになりました。
でも、プレーン(卵黄を使う)よりバターの方が色が白いので、イチゴとの境目はややくっきりしています。

三色クッキー 作り方

前回、個別に伸ばすのが厚すぎて生地が馴染みすぎたのかも、と書きましたが、あまり気にする事はなさそうですね。
プレーンとバターはお好みでどうぞ。

クッキーの厚みを均一にするルーラー代用品

クッキーなどの生地の厚みを均一にするための道具を「ルーラー」と言います。
これを生地の両側に置いて、麺棒を転がせば簡単に同じ厚みで伸ばすことができます。

私は正確な厚みにするためというよりも、簡単に均一に伸ばせて時短にもなるので使っていますが、おすすめですよ。

製菓材料のお店などで販売されてはいますが、私はホームセンターで売っている木材で代用しています。

1本が長さ90cmくらいありますので、適当に4分割すればちょうどいい長さになります。
細い木材ですので、カッターナイフで深めに筋をつけて、曲げれば簡単に折れます。

使っているのは「4mm×8mm」と「3mm×5mm」で、並べる・重ねるなどの組み合わせでクッキーならほとんどのレシピで使えます。
もう少し幅が広い方が安定はするのですが、木なので重ねても滑りませんし、何より安いのがいいですね。

クッキー ルーラー 代用

よく使われるレシピのサイズに合わせて、ぜひ使ってみてください。
便利で楽ですよ。

最後に

クッキーミックスを使ったのは初めてなのですが、手軽なので色々試してみるにはぴったりですね。

セリアのクッキーミックスはちょっと塩味が強いかなという印象ですが、甘さ控えめで美味しかったですよ。
少々焼きすぎたので、固い部分もありましたがサクサクした食感です。

今回の出来栄えはもう一つだったので、近いうちにまた作ってみたいと思います。

ひな祭り仕様でひし形三色クッキーも作ろうと思っていたのですが、作ることに夢中になりすぎてすっかり忘れていました。
型抜きを使わず、包丁でひし形に切れば簡単にできますので、ひな祭りにはぜひお試しください。

(追記)
ひし形クッキー作りました。

三色クッキー 作り方
三色クッキー 作り方

 

スポンサードリンク

 - 料理・食材 ,